貴方の現在の位置:ウェブサイト
1

研究開発と技術

       “寒鋭”のコバルト粉末製品は硬質合金、ダイヤモンド工具、新規エネルギー電池材料及び磁性材料などの各分野に範囲広く応用され、諸国又は地区まで範囲広く販売されている。当社は既に中国精細コバルト粉末の龍頭企業となっていた。

        2012年、寒鋭の“コバルト基粉体の技術研究センター”が南京市科学技術委員会に南京市技術研究センターと認定され、高純度サブミクロン枝状コバルト粉末、高純度サブミクロン近球状コバルト粉末及び高比重球形炭酸コバルトなどの三つの製品はハイテク製品に認定された。当社が担当する江蘇重大科技成果転化プロジェクトである“形態制御可能な高純度、超微細コバルト基粉体の研究開発及び産業化プロジェクト”は、2013年に検収を順調に通過した。今現在、当社は発明特許5項と実用新型特許2項があり、2つの登録企業標準が形成された。

        当社は一貫して、コバルト粉末技術の研究開発と生産に取り組んでいる。今現在、当社は既に超微細コバルト粉末、高比重球形炭酸コバルト、近球状炭酸コバルト、超粗顆粒状コバルト粉末、コバルト粉末液相還元生産技術、製粒コバルト粉末の生産方法などの核心技術を掌握した。製品の品質も、世界の先進的レベルに達した。当社は数年の技術蓄積により、今は数項の新規技術、新規工程の研究開発を行い、技術のリード優勢を保っている。寒鋭の研究開発及び技術分野は、国際コバルト基粉体発展の前沿分野、及びコバルト基材料研究の重要学科問題に注意を払っている。寒鋭は当社既に擁するコバルト資源の優勢、コバルト粉末整備の技術優勢及び良質なコバルト基材料顧客の優勢により、専門的研究室を数軒建立し、コバルト業界の精錬、粉末整備、材料、環境保護、自動化制御など幾つの方面をカバーしている。